Regional Science Association of Spa, Japan                                                        トップページに戻る


日本温泉地域学会 設立趣意書                    平成15年3月1日 

 今、日本の温泉地が温泉資源と観光経営の両面から、大きな岐路に直面しています。日本は確かに世界に冠たる温泉国であり、その温泉資源や観光経済上のスケールは、世界の温泉地の比ではありません。しかしながら、これまでに天与の貴重な温泉を、果たして適 正に利用してきたのか、温泉観光業経営上無理はなかったのか、入湯客に十二分の満足を 与えてきたのか、温泉地の町並みは心から癒される空間であったのか、さらに今後の持続可能な温泉地のあり方について総合的な視点から議論がなされてきたのか等々、はなはだ 疑問を禁じえません。
 私は過去40年にわたって、日本の温泉地の発達や観光産業・入湯客の実態を調査研究し、 より良い温泉地づくりの参考になればと思い、一般誌や各種の講演を通じて提言してきま した。しかし、一般論としての温泉地のあり方は理解できても、各温泉地の地域的特性を 活かした具体的活性策や何から手をつけたら良いのかまでは、浸透しませんでした。とは いえ、温泉地の理念を踏まえた地域リーダーの主導性のもとに、温泉地をあげて地域おこ しを実践している温泉地では、不況の現在でも大きく発展していることは周知の事実です。
 これまで、温泉関係の学会としては医学・地球科学・工学など自然科学の分野のものが ありますが、温泉地の歴史・地理・文学・社会・経済・経営・計画・環境保全など、主に人 文・社会経済現象を包括し、かつ社会に向かってその成果を提示して、より良い温泉地域 社会の形成につなげようというものはありませんでした。 つい先日の2月14日(金)、午後7時30分からNHK総合テレビで関東甲信越地方向けに「特報首都圏その温泉はホンモノですかー始まる温泉表示制度」が放映されましたが、 浴槽での温泉の利用ひとつとっても、社会科学と自然科学の両面から解決すべき多くの課 題が山積していることを痛感しました。
 ここに、私は研究者のための研究発表の場としての学会ではなく、社会に貢献できる学会の必要性を感じ、研究者のほかにも温泉関係の業者や行政・団体関係者、温泉地づくりに 関心のある前向きの姿勢をもった一般市民等の参加を広く募り、自由な議論と情報交換ができる「日本温泉地域学会」を設立することにいたしました。すでに、知人である温泉研究者や温泉地活性化に尽力されている地域リーダー・温泉旅館業者、行政・団体関係者、 一般市民などからご賛同とご支援の承諾をいただいています。別紙に、本研究会の概要を 記しますので、多くの方々のご参加をお願い申し上げます。
                          千葉大学教育学部地理学研究室
                          同大学院自然科学研究科地理環境学研究室
                          教授 山村順次
発起人

設立総会

inserted by FC2 system