124/8

Regional Science Association of Spa, Japan
                                      トップページに戻る


                                                 
日本温泉地域学会会則*

(名称)
第1条: 本会は日本温泉地域学会(Regional Science Association of Spa,Japan)と称する。
(目的)
第2条: 本会は温泉地に関する総合的な研究を進めるとともに、温泉地域社会の真の発展に
    寄与することを目的とする。
(事業)
第3条: 本会は前条の目的を実現するために、次の事業を行う。
  1. 研究発表大会・講演会・シンポジウム・セミナー・視察会などの開催
  2. 学会誌「温泉地域研究」・単行本などの発行
  3. 温泉地域振興研究プロジェクト・委託研究の実施
  4. 研究に関する情報の収集・提供
  5. 研究業績の表彰
  6. その他、本会の目的を達するために必要な事業
(会員)
第4条: 本会の会員は一般会員・学生会員・賛助会員・名誉会員とする。
  2. 一般会員は温泉地の研究・事業をしている者や温泉地に関心のある者とする。
  3. 学生会員は大学院生・学部学生とする。
  4. 賛助会員は本会の目的に賛同し、これに協力する個人・団体・法人などとする。
  5. 名誉会員は本会の会員で、会の発展にとって特に業績が著しい者とする。
  6. 会員の入会・退会には、理事会の承認を受けなければならない。
  7. 本会の名誉を傷つけたと認められる者や会費を滞納した者は、除籍する。
(役員)
第5条: 本会に次の役員を置く。
  1. 会長・副会長・理事長・常務理事を含めた理事20名以内、監事2名・幹事若千名。
  2. 役員の任期は3年とし、再任を妨げない。
  3. 役員の途中交代は理事会の決議により決定する。新役員の任期は残留期間とする。
  4. 研究発表大会においては、開催・運営を統括する大会運営委員長をおく。
(役員の選任と職務)
第6条: 役員の選任は、理事会案を総会において決定する。
第7条: 役員の職務
  1. 会長は本会を代表し、会務を統括する。
  2. 会長・副会長・常務理事は理事のなかから選出され、副会長は会長が指名する。
  3. 副会長は会長を補佐し、会長に事故などがあるときは、その職務を代行する。
  4. 理事会は会務を決定する。
  5. 理事長は理事会の決定に従い、会務を執行する。理事長は常務理事会で決定する。
  6. 監事は本会の会計を監査する。
  7. 幹事は学会運営において事務的な補助をする。
(会議)
第8条: 本会の会議は総会および常務理事会・理事会・臨時総会とする。
  2. 総会は会員をもって構成し、春季大会において行う。
  3. 理事会は会長・副会長・理事長・常務理事・理事をもって構成する。理事会には役
   員(監事、幹事)も参加する。
  4. 総会・臨時総会および常務理事会・理事会は会長が招集する。総会の議長は会長が
   これにあたり、理事会の議長は理事長がこれにあたる。
(総会)
第9条: 次の事項は総会の議決を必要とする。
  1. 事業計画および収支決算の承認
  2. 会則の改定。なお、事務所(局)所在地の変更については常務理事会で決定(承認)で
   きるものとする。その公示については、日本温泉地域学会ホームページにて行う。
第10条: 総会は会員の3分の1以上の出席を得て議事を開くことができる。委任状をもっ
    て会員の出席とみなされる。
  2. 議決は出席会員の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長がこれを決する。
  3. 理事会または10分の1の会員の要請により、会長は臨時総会を招集する。
(会費)
第11条: 年会費は次のとおりとし、新年度当初に払込むこととする。
    一般会員: 4,000円
    学生会員: 2,000円
    賛助会員: 1口以上で、1口3万円
    名誉会員: 会費を徴収しない。
(会計)
第12条: 会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。
   2. 会計担当者は役員の中から選出する。
(事務所)
第13条:本会の事務所(局)は、以下のところにおく。
    〒859-3298 長崎県佐世保市ハウステンボス町2825-7
    長崎国際大学人間社会学部 池永研究室内 日本温泉地域学会事務局
(その他)
第14条: 会員の温泉地に関する特に優れた業績に対して表彰し、日本温泉地域学会賞およ
    び奨励賞を贈る。
(付則)
1. 本会の設立は平成15年5月11日とし、本会の会則は平成27年5月18日より適
用する。
2. 学会誌投稿規程・表彰規定やその他の規定などは別に定める。

*会則は、平成27年5月18日開催の総会で一部改定されました(2015/6/9)

入会申込書

inserted by FC2 system