日本温泉地域学会 English
Regional Science Association of Spa,Japan
2003年5月11日創立  

設立
役員
大会案内
発表要領
温泉地域研究・誌
投稿規程
会則・入会申込み

学会ニュース


温泉観光士養成講座

日本温泉地域資産・
熱海温泉誌


関連リンク

事務局
859-3298
長崎県佐世保市ハウス
テンボス町2825-7
 
長崎国際大学
人間社会学部
池永研究室内
日本温泉地域学会事務局

TEL 0956-20-5526
FAX 0956-39-4908

メールアドレス
mikenaga@niu.ac.jp


郵便振替口座番号:
00190-6-462149
加入者名:
日本温泉地域学会


更新履歴

2017年9月26日(学会ニュー ス)、10月10日(温泉観光士)、12月18日(大会案内)、2018年2月28日(温泉観光士、大会案内)、3月31日(関連リンク)、6月4日(役員改選)、6月21日(日本温泉地域資産)

             日本温泉地域学会の概要
 本学会は、温泉地に関する人文・社会・自然の総合的な研究の場であるとともに、各温泉地の諸問題の解決に寄与することを目的として、平成15年(2003年)5月11日、群馬県草津温泉での創立総会において設立されました。
 本学会の事業は、温泉地における年2回の研究発表大会(現地視察会を踏まえたシンポジウムを行う)と温泉観光士養成講座など不定期の温泉地での講演会・セミナーを行い、温泉地からの要請があれば、会員専門家による委託研究も受けます。
 また、年2回、学術研究誌「温泉地域研究」を発行し、論文、研究ノート等を掲載し、各温泉地の情報や意見交換の場も提供します。
 会員は一般会員、学生会員、賛助会員からなり、温泉地研究と温泉地の問題解決に対して熱意を持つ方なら、どなたでも会員になれます。
 第1回研究発表大会(創立大会)は2003年5月に群馬県草津温泉で開かれ、引き続いて第2回大会は2003年11月に宮城県東鳴子温泉など、春期と秋期の年2回、全国各地で開催され、前回は第31回大会として、2018年5月に熊本県黒川温泉で行われました。どの大会も大学の研究者、行政関係者、旅館経営者、温泉評論家、出版関係者、それに多くの住民が参加し、盛況でした。
 学術研究誌「温泉地域研究」の創刊号は平成15年9月に発行され、以下、毎年3月と9月に定期的に第30号(平成30年3月)まで発行され、論文89編研究ノート46の他、基調講演抄録、資料、シンポジウム概要、温泉裁判例研究(新設)、書評、温泉地情報などが掲載されました。 さらに、創立5周年を記念して平成20年5月18日に冊子「日本温泉地域資産」(A4版、80頁、頒価1,000円)が発行され、好評を博しています。

 温泉地の研究や温泉地活性化などに関心のある多くの方々が会員になられ、大会に参加されることを期待しています。

             
            (群馬県草津温泉・湯畑、2007年)

お知らせ

1)第32回研究発表大会は、2018(平成30)年11月25日(日)・26日(月)の二日間、山形県かみのやま温泉で開催されます。詳しくは決まり次第お知らせします。NEW!(2018/6/4)

2)第15回草津温泉観光士養成講座平成30年9月26日(水)~28日(金)の二日半、草津温泉で開催されます。詳しくは温泉観光士養成講座欄をご覧ください。NEW!(2018/2/28)

3)第31回研究発表大会・総会は、平成30年5月27日(日)・28日(月)の二日間、熊本県南小国町・黒川温泉で開催され、総会では、新役員のほか、新版・日本温泉地域資産の刊行が決められました。(2018/6/21)NEW!

4)おおいた県おおいた・世界温泉地サミット: 2018年5月25日(金)~27日(日)に別府国際コンベンションセンター・ビーコンプラザで開催され、無事終了しました。「関連リンク」をご覧ください。(2018/6/4)

5)温泉地域研究第30号平成30年3月25日付で発行されました。(2018/3/31)

6)第4回熱海温泉観光士・温シェルジェ養成講座は熱海市と共催で、平成30年2月16日(金)~18日(日)に熱海市で開催され、無事終了しました。(2018/2/26)

7)第30回研究発表大会は、平成29年11月26日(日)・27日(月)の2日間、栃木県塩原温泉郷で開催され、無事終了しました。(2017/12/18)

8)熱海市発行の「熱海温泉誌」の紹介欄を開設しました。(2017/6/19)

 (本ホームページ上の写真、記事等の無断転載を禁じます。)

inserted by FC2 system